一般社団法人 沖縄の英語教育を考える会

イベント案内

お申し込みフォーム

https://ws.formzu.net/dist/S17473875/

  

第13回 英語教育を考えるフォーラム in Okinawa

グローバル化が急速に進展し、国際的な相互依存が一層深まっていく中で、21世紀を生き抜くためには、国際共通語としての英語のコミュニケーション能力を身に付けることが不可欠です。沖縄県では、「沖縄21世紀ビジョン」の具現策として国際性と多様な能力を涵養する教育システムの構築が求められ、本県の振興に貢献できる「志」を持った人材の育成や世界との交流ネットワークの構築、国際感覚を有した人材育成の形成が喫緊の課題です。

 

本フォーラムは「沖縄の地域性・優位性を活かした英語教育」をコンセプトに産・学・官の連携の下、過去11回にわたって開催された「英語教育を考えるフォーラム」の提言を受けて開催するもので、それぞれの立場で、それぞれに改善に取り組んだ「実践例」を共有することにより、本県の英語教育の改善・充実に資することを目的とします。

日時

2022年3月26日(土) 10:00~17:10 (9:00受付開始)

会場

沖縄女子短期大学・大教室(与那原町字東浜1番地)

対象

英語教育並びに国際化教育・国際交流に関心のある教員、ビジネスパースン、一般県民、学生

内容

◆実践発表(10:00~12:00)
ニューノーマル時代の英語教育(仮題)
(1)小学校代表
(2)中学校代表
(3)高校・大学代表
基調講演(13:00~15:20)
安河内哲也氏(東進ビジネススクール・東進ハイスクール講師)

英語が使える人材を育成するため、今学校に求められるものとは?(仮題)
ダグラス・ドライスタット氏(沖縄国際大学准教授)
New Normal in Language Education ~ Lessons learned from the COVID-19 Pandemic
(ニューノーマル時代に求められる教育改革~ COVID19 パンデミックから学んだこと)(仮題)
パネルディスカッション(15:25~17:00)

ニューノーマル時代の英語教育(仮題)
パネリスト:各団体より数名程度予定
コメンテーター:御園和夫氏(関東学院大学名誉教授、沖縄大学客員教授、沖英会顧問、他)
コーディネーター:大城浩氏(沖英会代表理事、関東学院大学客員教授、沖縄大学客員教授及び沖縄女子短期大学非常勤講師)

定員
申込締切

定員:150名程度/申込締切:2022年3月19日(金)
※ただし、余裕がある場合は当日受け付けも可。

参加費

500円(資料代等を含む)
※学生・院生は無料(受付時に学生証をご提示ください)
※参加費は当日徴収いたします。

お申し込み・
お問い合わせ先

お申し込みフォームより、3月19日(金)までにお申し込みください。
お申し込み受付後、受付したことをお知らせするメールが自動送信されますが、送信されなかった場合は、恐れ入りますが本会事務局までご連絡をお願いいたします。

お申し込みフォーム

https://ws.formzu.net/dist/S17473875/

 

沖英会事務局
E-mail: event@okieikai.com 
又吉(090-5722-5723)/末木(090-2568-1562)

【主催】沖縄の英語教育を考える実⾏委員会(主管:沖英会)

【共催】琉球新報社(予定)

【特別協力】沖縄女子短期大学、公益財団法人 日本英語検定協会

【後援】沖縄県教育委員会、日本実践英語音声学会、沖縄県中学校英語教育研究会、沖縄県高等学校英語教育研究会、沖縄科学技術大学院大学、在沖米国総領事館、沖縄観光コンベンションビューロー、県内外関係大学、県内マスコミ関係団体 他(予定)

【協賛】旺文社、日経教育グループ、学校法人尚学学園、日本国際生活体験協会、ヒューマングループ、国際発音検定協会、プロンテスト、学校法人尚学院、教育測定研究所、関学サービス、学校法人帝南学園 他(予定)

配付資料

チラシ_第13回 英語教育を考えるフォーラム in 沖縄_V2.pdf
PDFファイル 2.2 MB

  

英語音声指導法セミナー 第4弾(講師:御園和夫先生)

2020 年度から始まった大学入試共通テストの英語では「読む」と「聞く」の技能が評価されている。聞く力は発信と連動する。使える英語力重視の傾向が強まってきている。この流れは小学校英語にも影響を及ぼしている。

 

このような背景の中、英語音声学並びに英語音声指導法の権威である御園和夫先生(関東学院大学名誉教授、言語学博士)による「英語音声指導法セミナー第4弾」を開催する。本セミナーの特徴は、現場の英語教員がネイティブスピーカーに頼ることなく行える効果的な発音指導法を提示する。特に、英語の伝え方、通じる発音の教え方が中心となる。なお、本セミナーは「英語立県沖縄」応援事業の一環として捉え、「沖縄の地域性・優位性を活かした英語教育」をコンセプトに本県の英語教育の改善・充実に資することを目的に開催いたします。

日時

2020年年3月27(日) 9:20~12:30 (9:00受付開始)

会場

沖縄女子短期大学(与那原町字東浜1番地)
※新型コロナウイルスの感染拡大状況により、内容が変更になる場合があります。

対象

英語教員(小中高大)、英語指導者(塾講師、院生・学生など)

内容

~英語発音Can-doリストで発音チェック、英語の伝え方(発信)も~

第1時限目(9:20~10:20)
 英語発音Can-do リスト(2):英語統合要素
 (イントネーション、アクセントなど)~英語の伝え方~

第2時限目(10:30~11:30)
 英語発音Can-do リスト(1): 個々音(母音・子音)
 ~欠かせない基本事項~

第3時限目(11:40~12:30)
 自身の発音確認チェック/ 発音指導に関する質問(希望者)

「英語コミュ二ケ―ション能力向上」には効果的な音声指導が不可欠です。何をどう教えたらいいのかを具体的に提示すると共に、指導者自身の英語発音技能向上にも役立ちます。

【講師】御園和夫先生(関東学院大学名誉教授、日本実践英語音声学会顧問、沖縄の英語教育を考える会顧問、元「百万人の英語」(ラジオ講座)講師、他)

定員

25名程度(先着順。ただし、余裕がある場合は当日受け付けも可)

参加費

1,000円
※参加費は当日徴収いたします。

お申し込み・
お問い合わせ先

お申し込みフォームより、3月19日(金)までにお申し込みください。
お申し込み受付後、受付したことをお知らせするメールが自動送信されますが、送信されなかった場合は、恐れ入りますが本会事務局までご連絡をお願いいたします。
※定員に達した場合には、お申し込みをお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

お申し込みフォーム

https://ws.formzu.net/dist/S17473875/

 

沖英会事務局
E-mail: event@okieikai.com 
又吉(090-5722-5723)/末木(090-2568-1562)

【主催】一般社団法人 沖縄の英語教育を考える会(沖英会)

【後援(予定)】沖縄県教育委員会、日本実践英語音声学会、沖縄県中学校英語教育研究会、沖縄県高等学校英語教育研究会、沖縄児童英語研究会、沖縄タイムス社、琉球新報社

【特別協力(予定)】沖縄女子短期大学

配付資料

チラシ_英語音声指導法セミナー_第4弾_V2.pdf
PDFファイル 906.8 KB

▲このページのトップへ